タカヤマ建築事務所

屋根|K新社屋

2018.11.29

設計事務所,関西,ブログ

11月も残りわずか。今年もあとひと月で終わってしまいます。月日の経つのが早いです。と、言っている間に引き渡しも視野に入りつつあります。

 

K新社屋はようやく屋根の板金工事。台風の影響などの関係でこのタイミングになっています。監督さん、職人さんはへっちゃらですが、3階建ての勾配屋根は怖くて上ることができません。小鹿のように足がプルプルしてしまいます。

 

室内は配線、配管の仕込み、断熱の吹込みが着々と進められていました。いろいろな業種が入れ替わり立ち代わりで進んでいます。こちらは露出配線、配管が気になるところで、華奢な構造をできるだけきれいに見せたいので、構造の見え方の邪魔にならないルートをあーでもないこーでもないと、模索しています。

 

写真の三角形のところは3階のルーフテラス。植栽、バーべーキュー、プロレスリングなどいろいろなアイデアが出ていますが、どのように使われるでしょうか。社内のちょっとしたオアシスになるといいなと考えています。