タカヤマ建築事務所

地鎮祭|西宮の住宅

2019.07.17

設計事務所,関西,ブログ

西宮のコンクリート打ち放し小規模住宅の地鎮祭が執り行われました。昨晩の大雨の影響で敷地はぬかるんでいるんじゃないかと予測していましたが、水捌けばっちり、コンディション良好でした。

 

地鎮祭は土地に宿る神々を鎮めるために行う日本の伝統文化で・・・(以下省略)といった、神主さんからのありがたいお言葉をいただきました。

 

文化的な側面のある地鎮祭ですが、さあこれから始まるぞという心の高ぶり、満足度の高い丁寧な仕事をするぞという気持ちの引き締め、工事期間中は安全であるように、などといった気持ちの切り替えとしての側面もあると考えています。これから工事に携わる職人の皆さんに感謝の気持ちを忘れず、現場での仕事を通し、高いクオリティーの住宅の完成に向けて頑張っていきたいと考えています。

 

地鎮祭のあとは、予期せぬ指摘を受け、アタフタと焦りまくりの確認申請の手続きの件で、確認検査機関へ。

 

地下1階、地上3階建てのスキップフロア。階数でいうと4階の建物がこの小規模な敷地に。法規を交わしつつ、コストをできる限り削減し、4人家族のライフスタイルを実現する。工事着工までもう一息。あと一歩のところまでたどり着きました。