Works

House-St

住宅|木造3階
House-St

家族の気配を感じる

Story

敷地は主要道路から中に入った住宅地に位置しています。 街区は建物が密集して建っている上、道路はやや狭く通り抜けできない袋路となっているため、閉塞感を感じさせないよう、オープン外構としてスポット的な抜けと広がりを持たせ、駐車場として、子供たちが安全に遊べるスペースとして、地域のアイストップとして位置付けました。

建物は、1階にプライバシーを確保した寝室を配置しました。 2階にはLDKと水廻りを配置しており、LDから見える樹木とトップライトからの光が、室内に潤いと変化を与えます。 3階はワークスペース、和室、テラスと、トップライトから見える空に向かって連続的に配置しました。テラスからは隣の敷地に植えられている大きな桜の木を見ることができます。 2階のLDKと3階のワークスペースは吹き抜けによって緩やかに繋いでいるので、家族の気配をいつも感じることができます。

細部は、軸組材の手刻みに始まり、板金の一文字葺き、キッチン、洗面台の製作、オリジナルの建具の取手やタオル掛け、構造材の端材によるピンコロ木の敷き並べ、植栽の種まき、芝貼りなど、手づくりの質感を寄せ集めました。

住宅地の道路から少し開けたオープン外構を抜け建物に入ります。寝室を通り過ぎ、2階に上がると青々と茂った木が目の前に広がります。振り返ると上部から時間とともに明るさや色の異なる光が降り注ぎ、窓から見える緑と共に空間を演出いたします。吹き抜けからはオーディオの音楽とともに、子供たちの声が聞こえます。 3階のワークスペース、和室、テラスでは空を感じながら各々がゆったりとした時間を過ごします。和室の扉を開けるとテラスが連続的に繋がり、屋内と屋外を行き来しながら、隣の桜の木を望みます。

家族が仲良く、楽しい時間を共有できる家。そんな家を求められました。

建物概要

所在地:高槻市
設計期間:0912-1009[竣工1103]
主要用途:住宅
撮影:多田ユウコ

構 造

構造 : 木造3階建
敷地面積:91.95 m²
建築面積:49.68 m²
延床面積:134.73 m²

受賞・掲載

LiVES VOL.60 30代僕らの家づくり
建築相談ハンドブック
関西の建築家とつくる家

Blogでプロジェクトの進行の流れを見る

Similar case