タカヤマ建築事務所

Works

甲賀の家

住宅|木造2階
甲賀の家
離れ
縁側空間

Story

のどかな田園風景が広がる集落の中に位置しています。

伝統的な日本家屋が多い地域でありながら、現代的な住宅を求められましたので、あまり突出した外観とせず、環境に溶け込ませるよう意識しました。まず、取り壊した離れの大きさを著しく超えないこと、落ち着いた形状の建物とすることにより、周辺環境にもたらす変化を少なくしました。外観も、周辺建物の焼杉板と瓦屋根に習い、杉板とシルバーのガルバリウム鋼板で調和を図りました。

玄関を入るとまず吹抜けの廊下が目の前に現れます。この廊下はリビングから見下ろすことができます。リビングから各寝室へもこの廊下によって導かれます。廊下の前には祖父が大切に手入れしていた庭が広がっていて、廊下を縁側として利用することができます。さらに廊下の突き当たりにカウンターを設置したことにより、書斎として利用することもできます。廊下に様々な機能を持たせ、室内空間に変化と多様性を持たせたいと考えました。

建物概要

所在地:滋賀県甲賀市
設計期間:0612-0711[竣工0806]
主要用途:住宅
撮影:平野和司

構 造

構造 : 木造2階建
敷地面積:188.53 m²
建築面積:63.35 m²
延床面積:104.49 m²

受賞・掲載

第19回TH大賞 地域優秀賞 受賞

Blogでプロジェクトの進行の流れを見る

Similar case