タカヤマ建築事務所

Works

堺の長屋

長屋リノベーション|木造2階
堺の長屋
中庭
新しさと古さ

Story

昭和一桁代に建てられた5軒長屋。両端2軒は切り取られて新しい住宅に建て替わり、残った3軒の真ん中の住宅。家族から譲り受けて住み継ぐという計画。

建物は中庭を介して母屋と離れがあり、長屋にしてはゆったりとした空間となっている。母屋1階にはLDKとフリースペース、離れ1階には個室を配置し、屋根がかかった半屋外の渡り廊下によって繋いでいる。中庭に面して向き合ったLDKと離れの開口部をフレームの無いガラスにすることによって、のびやかでゆったりとした連続的な空間を獲得した。

母屋2階は寝室、フリースペース、水廻りを配置し、プライベートなスペースとした。解体時天井をめくると、立派な丸太を使った小屋組みがいい味を出しながら存在感たっぷりに現われたので、計画していた天井仕上を中止し、見せることにした。

築年数が古い住宅なので、痛み具合の激しい箇所も多々あったが、リフォームすることで新しいところと古いところが混ざり合い、新築では表現できない時間の流れを感じることのできる空間となっている。

建物概要

所在地:堺市
設計期間:1102-1203[竣工1207]
主要用途:住宅
撮影:市川かおり

構 造

構造 : 木造2階建長屋リフォーム

建築面積:64.35 m²
延床面積:93.08 m²

Blogでプロジェクトの進行の流れを見る

Similar case