House-St


家族の気配を感じる家House-St

住宅|木造3階

庭 家族の気配を感じる

Story

  • 設計事務所大阪
  • 建築家大阪
  • 設計事務所大阪
  • 建築家大阪

家族が仲良く、楽しい時間を共有する

敷地は主要道路から中に入った住宅地に位置する。街区は建物が密集して建っている上、道路はやや狭く通り抜けできない袋路となっているため、閉塞感を感じさせないよう、オープン外構とし、スポット的な抜けと広がりを持たせ、駐車場として、子供たちが安全に遊べるスペースとして、地域のアイストップとして位置付けた。

1階に寝室を配置。採光や通風を小さめの窓から確保することで、プライバシーを高めている。
2階にはLDKと水廻りを配置。LDの大きな窓から見える樹木は建物に近接して植えている為、近い位置に緑を感じることができ、室内に潤いを与えてくれる。さらに、常緑の生い茂る葉は外部からの目隠しの役割も果たす。
ダイニング上部は吹抜けとなっていて、トップライトからの光が降り注ぎ、時間の経過とともに変化する光の形が、時の移ろいと季節を感じさせてくれる。
吹抜けには3階ワークスペースにつながるはしごを掛け、子供たちが遊べる場所を設けた。LDにはいつもシンプルですっきり整頓された状態を維持できるよう壁面収納を設けている。
3階はワークスペース、和室、テラスを配置。トップライトから見える空がアクセントとなる。テラスはデッキスペースと物干しスペースに分かれている。デッキは和室と同レベルに設定し、屋内から屋外へ連続的につなげることで内部から外部へ移動する心的バリアをやわらげ、日常生活における気軽な外部空間の利用を促している。隣の敷地に植えられている大きな桜の木を借景として取り込んでいるので、利用のきっかけになればと願う。
ワークスペースは家族みんなの書斎としてあり、3階の中心的な場所でもある。吹抜けからダイニングをのぞくことができ、家族の気配をいつも感じることができる場所でもある。

  • 建築家大阪
  • 設計事務所大阪

手の跡を感じる

細部は、軸組材の手刻み、板金の一文字葺き、オリジナルのキッチン、洗面台、取手、タオル掛けなど、人の手の跡を感じることのできる仕上を採用した。さらに構造材の端材によるピンコロ木の敷き並べ、植栽の種まき、芝貼りなど、家族で行ったDIYによる手づくりの質感と思い出は職人の手の跡とともに建物に刻みこまれている。

家族が仲良く、楽しい時間を共有することができる家。

建物概要
所在地:高槻市
設計期間:0912-1009[竣工1103]
主要用途:住宅
撮影:多田ユウコ
構造
構造 : 木造3階建
敷地面積:91.95 m²
建築面積:49.68 m²
延床面積:134.73 m²