I-House

中庭
二世帯住宅
シンプル・ミニマルI-House

二世帯住宅|木造2階

中庭 2世帯住宅 シンプル、ミニマル

Story

  • 二世帯住宅大阪
  • 中庭住宅大阪
  • 中庭住宅大阪
  • コートハウス大阪
  • 設計事務所大阪

開放的で明るい二世帯住宅

玄関共用。LD、キッチン、浴室、洗面、個室は分離。近くにいるが、適度な距離感で生活する。

1階に親世帯、2階に子世帯、外部からのプライバシーを確保しながら開放的で明るい二世帯住宅。

敷地の1/3は当面は駐車場として活用。

  • 中庭大阪
  • 二世帯住宅大阪
  • 建築家大阪

家の中心、家族の中心にある中庭

外部からのプライバシーを高める為、南向きにもかかわらずファサードに窓を無くすこととした。南北に長い中庭を設け、そこに向けて大きく開放することで、開放的で明るい住宅とした。中庭に差し込む光は時間の経過とともに直射光や間接光など変化しながら移ろっていく。中庭に差し込んだ光を間接的に取り込むことで、1日を通して温度差や明暗の差が少なく、安定した光によって室内が満たされることになる。

中庭によって建物が2つに分節され、建物と建物の間からアプローチする。プランは中庭を中心に構成している。1階は親世帯で、庭の周りをLDK、収納、水回り、和室2室と連なっていく。普段寝室である和室は、建具を引き込むことにより大人数の来客時に大きな部屋として利用する。1階フロアレベルと中庭の床レベルを近づけるとともに、各室から中庭へアクセスできるようにすることで、室内と庭との距離を近づけ、日常的に利用しやすくしている。
2階は子世帯で、同じく庭の周りをLDK、水回り、個室3室と連なる。回遊しながら庭を見ることができる。

上下で親世帯、子世帯と生活を分けているが、この中庭があることにより上下階の家族の気配を感じることができ、適度な世帯間の距離を保つ。孫たちとの遊び、一同でのバーベキューなど中庭を利用することで、親世帯と子世帯が結びつく。
中庭は、世帯間の距離を程よく近づけたり離したりする役割を果たし、ソフト面、ハード面、さらには建物、家族においての中心に位置している。

中庭を中心に構成した二世帯住宅。

建物概要
所在地:大阪府
設計期間:0904-0909[竣工1005]
主要用途:二世帯住宅
撮影:平野和司
構造
構造 : 木造2階建
敷地面積:231.3 m²
建築面積:109.82 m²
延床面積:219.64 m²